Tag: ビーツ

スーパーフード・ビーツとキヌアのサラダのレシピ

スーパーフード・ビーツとキヌアのサラダのレシピ

スーパーフードのビーツとキヌアを一緒に使った、とっても体によい、真っ赤でかわいい”スーパーフード・ビーツとキヌアのサラダ”の作り方です。生のビーツを使うので、シャキシャキとした歯ごたえと、ほんのり香るビーツの甘みがとってもおいしいヘルシーなサラダです。 ビーツとは ビーツとは、カブのような見た目の真っ赤な根菜です。江戸時代に日本に伝わり、燃えるように赤いことから、火焔菜(かえんさい)という和名もあるそうです。お砂糖の原料となる甜菜(てんさい)と同じ仲間で、ビーツにもショ糖が含まれているため、甘味のある野菜です。糖度だけを見れば、いちごくらいあるそうです。 ロシアの人達は、真っ赤なビーツのスープ、ボルシチを飲んで、冬の寒さを乗り切る、ときいたことがあったので、私はてっきり、冬が旬の野菜と思い込んでいたのですが、日本国産のものでは、6~7月、11月~12月の年に2回収穫が行われているそうです。 *オリーブオイルをひとまわしを参考にして書きました。 今回は小さいビーツしかなかったので、この写真の7個を使いましたが、大きめのビーツなら3個くらいでちょうどよいと思います。大きいビーツの方が、皮をむいたり、細く削る作業が楽ちんです! ビーツの健康効果 スーパーフードのビーツは、「奇跡の野菜」「食べる輸血」と言われるほど、栄養がぎっしり詰まっています。マグネシウム、鉄分、カリウム、カルシウムなどが豊富です。 中でも一番注目を集めている成分はNO(一酸化窒素)で、ビーツを食べることによって体内で作られる成分のようです。血行の改善とともに、血管をやわらかくしてくれるみたいです。このことから、持久力アップや疲労回復、基礎代謝を上げることに繋がるようです。そんなことから、アスリートの方たちもビーツに大注目をしているらしいのです。 ビーツのその他の健康効果は以下の通りです。