Tag: サーモン

北欧風・熟成サーモン、グラブラックスのレシピ

北欧風・熟成サーモン、グラブラックスのレシピ

グラブラックスは、フィンランドなどスカンジナビア地方でよく作られるサーモン料理です。新鮮な皮つきサーモンをお塩、お砂糖、ハーブのディルを使って数日間熟成させます。スモークサーモンとよく似ていますが、燻製させないのと、ディルの香りがつくのとで、少しさっぱりとしたできあがりです。それでもねっとーりと口の中でとろけるサーモンは、日本人の舌との相性がばっちりだと思いますので、是非お試しください! 基本的なグラブラックスの食べ方は、熟成させたら、スモークサーモンの様になるべく薄く切ります。それを、ライ麦パンやクラッカーなどにのせて、マスタードソースをかけていただきます。他にも、スモークサーモンのように、ベーグルにクリームチーズを塗って一緒に食べたり、グリーンサラダにちょこっと添えたり、パスタの具にしたりと、幅の広い食べ方を楽しめます。熟成させているので、お刺身よりも日持ちするので、毎日少しずつ違った食べ方ができます。 グラブラックスの熟成時間 グラブラックスは、同じ量の塩を使っても、塩の粗さ、熟成時間、またサーモンの厚みや皮つきか皮なしかにもよって、できあがりが違います。 また熟成時間が同じでも、使う塩の粗さ、サーモンの厚みにもよってできあがりが違います。 そんなこんなでレシピにするのがやや難しいのですが、厚みのある皮つきサーモン、コーシャーソルトや、目の粗いシーソルトを使えば、下のレシピの通りでばっちりです!薄めの皮なしサーモンを使う場合は熟成ミックスのお塩、お砂糖の量を減らしてください。 1日の熟成時間だと、まだお刺身に近いできあがりです。丸3日くらい熟成させるとちょうどよいかと思います。4-5日熟成させると、超熟成といった感じです。熟成させればさせるほど、日持ち時間も長くなります。 熟成中は、サーモンの上に重石を置いて、冷蔵庫で寝かせ、12時間に1度、上下をひっくり返します。(24時間に1回でも大丈夫です!)その時に、サーモンから余分な水分が出てきていると思います。この水分は捨ててください。(ラップはしたままです。ただラップの綴じ目が下になるようにして初めの熟成を始めます。初めの熟成中に水分が最も出てくるためです。)重石には、私はレンガを使いますが、トマト缶や、鉄のフライパン、ダンベルなど、家にある重いものを見つけて、サーモンの上にまな板、まな板の上に重石を置いて使ってください。 後は放置するだけで、どんどんおいしくなってくれます。 うまく説明ができていますように!熟成って難しそうに聞こえるかもしれませんが、とにかく簡単です。朝晩ひっくり返して重石をまた載せて冷蔵庫に戻すだけです! リンク

夏のおもてなしに・サーモンマリネのレシピ

夏のおもてなしに・サーモンマリネのレシピ

簡単に作れるサーモンマリネは、夏のおもてなし料理にもぴったりです。カラフル野菜を使って華やかに仕上げました。おしゃれに盛り付けて、ちょこっと前菜として頂くもよし、メイン料理にして沢山食べてもいいですね。作り置きにも最適なので、普段忙しくて毎日ごはんを作る時間がない、という方にもおすすめのレシピです。混ぜて冷蔵庫に寝かせるだけでできあがりです。最低でも2時間、できれば前日に漬け込んで一晩寝かせてください。 サーモンマリネ、発祥の地は? ところで、サーモンマリネはどこの国のお料理なのでしょうか。はっきりとした答えがわかりません。イタリアにはカルパッチョ、メキシコやペルーにはセビーチェ、フィンランドにはグラブラックスなど、似たようなお料理はあるものの、どれも少しマリネとは違って・・・。でも、なんとなくフランス料理っぽいような気がしなくもないです。よね?フランス料理ではこんなにガッツリ大盛りなんてないと思いますが!カナダ仕様でガッツリ大盛りにしてしまったので、こちらのページではカナダ料理ということにしました。ほかのレシピでも、何料理かわからない時にいつもカナダ料理にしてしまってすみません。まとめて謝罪。。。 熊の大好物・サーモン 私も娘も小さいころからサーモンが大好きで、今ではサーモンを食べている姿はまるで熊のようだと、我が家の父ちゃんには言われています(-_-;) 子熊も立派に育ち母ちゃん熊はうれしいです。サーモンさんありがとう。 この子熊は、日本食レストランでわざわざ、お寿司とお刺身の詰め合わせを、全部サーモンに変えてもらいます。サーモンがあればとりあえず上機嫌な子熊。 サーモンがもたらす健康効果 サーモンは地球上でもっとも栄養価の高い食材の一つだそうです。 スーパーフードのサーモンの栄養価を見ると、ビタミンD、オメガ脂肪酸、カリウム、ビタミンB群、アスタキサンチンが豊富です。 その栄養がもたらす体への効果は、沢山あります。骨や関節を健康に保つ。筋肉の修復を助ける。免疫力を高める。心臓病のリスクを下げる。血圧を下げる。アルツハイマーの予防をする。子供のADHDの予防をする。集中力を高める。目を健康にする。ガンを予防する。肌をきれいにする。老化を予防する。などなど。これは食べるしかない! こちらの記事を参考にして書きました。 リンク サーモンマリネの盛りつけ 盛りつけの際に、下にはブロッコリースプラウトを敷きました。その上に、漬け込んだサーモンマリネをのせて、刻みパセリをふりかけます。漬け込み液がブロッコリースプラウトにも絡まって、おいしくいただけます。もちろんアルファルファスプラウトでも、他のサラダレタスなどでもおいしいです。レモンも一搾りしてからどうぞ! 多めの量でレシピを書きましたが、残っても次の日においしく食べてください。残り物ばんざーい。