Tag: カレー

インド風・ほうれん草とひよこ豆の緑のカレーのレシピ

インド風・ほうれん草とひよこ豆の緑のカレーのレシピ

インドでは、サーグ”साग”と呼ばれる、緑黄色野菜のほうれん草をたくさん使った緑のカレーです。玉ねぎとほうれん草をたくさん使うので、カレーのスパイスの奥にもほんのり甘みを感じられる、おいしい”インド風・ほうれん草とひよこ豆の緑のカレー”の作り方です。本場インドでほうれん草カレーといえば、パニールというインドのコッテージチーズを入れた”サーグパニール”というカレーが定番です。でも、もしかしたら日本ではパニールはなかなか見つからないのではと思い、今回は代わりに、ほうれん草とひよこ豆を使ったヴィーガンカレーの紹介にしてみます。 ほうれん草の健康効果 振り返ってみると、前回のレシピがギリシャのほうれん草パイで、今回がインドのほうれん草のカレーと、ほうれん草続きになってしまいました。ポパイみたいに ᕦ( •̀_•́)ᕤムキッ!せっかくなのでほうれん草の健康効果についても簡単に調べてみました。 ビタミン・ミネラルがバランスよく含まれ、とくに骨を強くするビタミンK、免疫を高めたり美肌に効果のあるビタミンAとビタミンC、血を作る葉酸と鉄分がたくさん詰まっている。 抗酸化作用もあり、老化を防ぎ、炎症を抑えて、がん・心臓病・2型糖尿病の予防になる。 脳の老化を防ぎ、認知機能を保つ。 血管を開いて、血流を良くし、血圧を健康に保つ。 目の老化による視力の衰えを防ぐ。 *EPLORE Healthを参考にして書きました。悲しいことに最近目の老化が気になってきた私には、最後の点はとても気になります。 インド風・ほうれん草とひよこ豆の緑のカレーと一緒に・・・ ポットラックキッチンで紹介しているスリランカの味・赤レンズマメのカレー・ダールのレシピもご一緒にどうぞ!ヴィーガンカレー2種の盛り合わせが楽しめます。 リンク

スリランカの味・ココナッツミルク入り赤レンズ豆のカレー・ダールのレシピ

スリランカの味・ココナッツミルク入り赤レンズ豆のカレー・ダールのレシピ

ベジタリアンで体に優しい、赤レンズ豆のカレー・ダールの作り方です。レンズ豆のカレー・ダールは、インド、スリランカ、パキスタンやバングラデシュなどの方では毎日のように食べるのだそうです。スリランカのお隣さん、インドのカレーと違い、南国スリランカではココナッツミルクがよく使われるので、マイルドでクリーミーな仕上がりになります。簡単、ヘルシーでおいしいので、是非お試しください。ごはんもナンともよく合います! 世界五大健康食の一つ・レンズ豆 レンズ豆は栄養価が高く、世界五大健康食の一つに入っているそうです。 鉄分は他の豆類に比べて1.5倍もあり、脂質は豆類のなかでもとくに少ないみたいです。それから、食物繊維、葉酸も多く含まれていて、体の調子を整えてくれる栄養素が多く、たんぱく質と炭水化物のバランスがよいとのことです。 ところで、五大健康食と聞くと、残りの4つも気になるところです。残り4つは、日本の大豆、韓国のキムチ、スペインのオリーブオイル、ギリシャのヨーグルトだそうです。どうしてスペインのオリーブオイルなんだろう。他の産地のオリーブオイルでもいいのかなー。 *オリーブオイルをひとまわしを参考にして書きました。レンズ豆の歴史から、栄養、お料理の仕方について詳しく書かれていました。 赤レンズ豆のカレー・ダールを作る際のポイント レンズ豆には、赤、緑っぽいもの、茶色いものといくつか種類がありますが、今回使うのは、赤いレンズ豆の方です。水に浸ける必要のない便利な赤レンズ豆ですが、しっかり水でといでから調理にとりかかりましょう。レンズ豆をとぐと、白米のように、水が白く濁ります。この濁る成分がなくなるまで洗うととってもおいしく食べられます。 それから、スパイスを加えたあとは、1分ほどスパイスを炒めます。この時にオイルが足りない感じだったら、足してあげてください。私は大体いつも大さじ1くらいオイルを追加しています。 レンズ豆が炊けたら、最後にほうれん草を加えます。ベビースピナッチでも、普通のほうれん草の葉っぱの部分でも、冷凍のほうれん草でもなんでも大丈夫です!ほうれん草がないときはないで気にしません!それでも十分においしいです。 ポットラックキッチンで紹介しているインド風・ほうれん草とひよこ豆の緑のカレーのレシピも是非どうぞ! リンク リンク リンク

夏野菜のカレーごはんのレシピ

夏野菜のカレーごはんのレシピ

この夏野菜のカレーごはんのレシピは、Hugh Fearnley-Whittingstallさんのレシピ本”River Cottage Veg”のなかのvegereeという一品を元に作っています。 夏野菜とカレー粉とバスマティライスの相性が絶妙な、暑い夏でも食欲をそそる一品です。 このレシピの中の野菜は、ナスとズッキーニを使っていますが、代わりに半分に切った芽キャベツとカリフラワーもよく合います。いろいろな野菜でぜひお試しください。 カレーごはんのバスマティライス バスマティライスとはインドのお米で”最高級の香り米”とも言われています。見た目は、日本米は短くて丸っこいのに対してバスマティライスは細長く、炊きあがった感じはモチモチした日本米とは違って、パラパラといった感じです。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、インドカレーには欠かせない人気のお米です。 炊き方は米:水の比が、お米のブランドによって1:2だったり1:1.5だったり多少異なります。購入したお米の袋の記載通りに炊いてみてください。どうもバスマティライスは好きじゃないという方は、日本米で代用してください。 リンク