Tag: オーツ麦

しっとりふわふわ・オーツ麦とバナナのパンケーキのレシピ

しっとりふわふわ・オーツ麦とバナナのパンケーキのレシピ

完熟バナナの甘みのお陰で、お砂糖なしでもほんのり甘くなる、しっとりふわふわなパンケーキの作り方です。小麦粉の代わりに、オーツ麦を使っているので、お腹にやさしく、体にもよいパンケーキができあがります。メープルシロップをかけずに、そのまま食べてもおいしいです。もちろんメープルシロップをかけても、とってもおいしいですよー。オーツ麦の代わりに小麦粉で作ってもおいしいです。 オーツ麦の栄養 小麦粉を食べ過ぎるとお腹が痛くなる私は、小麦粉の代わりによくオーツ麦を代用します。オーツ麦は安いのに、栄養満点なのでおすすめです!小麦粉と比べると、かなり多くのタンパク質と良質な脂質を含んでいます。さらに、良質な炭水化物、ビタミン、ミネラルもぎっしりと詰まっています。そんなオーツ麦の栄養価、注目のトップ3はこちらです。 1.オーツ麦の中のミネラルでも、最もぎゅっと入っているのはマンガンです。マンガンは、人体に必要不可欠な必須ミネラルのひとつであり、酵素の活性化や、体内の代謝の重要な役割を果たしているようです。 2.抗酸化物質も豊富で、細胞のアンチエイジングをも助けてくれるそうです。 3.最後に、水溶性食物繊維が、悪玉菌を減少させることにより、善玉菌が増え、腸内環境にとてもよいです。またこの食物繊維が血糖値を下げることで糖尿病の予防にもなります。 heartyfoods.comを参考にして書きました。 その他のパンケーキの紹介 ポットラックキッチンでは他の種類のパンケーキも紹介しております。よかったら見てみてくださいな! オーツ麦とそば粉のパンケーキのレシピ←オーツ麦とそば粉のヘルシーなパンケーキです。オーツ麦の健康効果についても、しっかり調べてこちらにも書きました。 ふわふわパンケーキのレシピ←小麦粉を使ったふわふわなパンケーキです。 オーツ麦を粉にする オーツ麦の粉がなくても、オーツ麦をブレンダーやフードプロセッサーに入れたら、数秒で、粉状に砕くことができます。 こちらのニュートリブレッドは、高速回転のブレンダーで、スムージーからナッツ、コーヒー豆までなんでも砕いてくれます。キッチンでもそんなにかさ張らずに、とてもいい仕事をしてくれているので、おすすめです。 リンク リンク

グルテンフリー・オートミールレーズンクッキーのレシピ

グルテンフリー・オートミールレーズンクッキーのレシピ

小麦粉を使わないで焼く、グルテンフリーのオートミールレーズンクッキーの作り方です。小麦粉の代わりには、オーツ麦をブレンダーで砕いて粉状にしたものと、アーモンドを粉状にしたものを使います。アーモンドのお陰か高級クッキーの味になって、デパ地下の洋菓子屋さんに売っていそうなクッキーができあがります。 グルテンフリーにするための下準備 一部のオーツ麦とアーモンドは、ブレンダーやフードプロセッサーを使って、粉状にします。ほんの数秒で、できてしまいます。 こちらのニュートリブレッドは高速回転のブレンダーで、ナッツやコーヒー豆も砕けるので、我が家ではとても重宝しています。 10年くらい前の誕生日にもらい、ほぼ毎日使うくらいの結構な頻度で使っているのにも関わらず、未だに元気でいい仕事をしてくれています。 最近の新しいニュートリブレッドは更にパワーアップしているみたいなので、かなり期待ができそうです。 リンク オートミールレーズンクッキーの成型は クッキーの材料を全部混ぜたら、クッキーを12個分くらいずつに分けて成型をして焼きます。成型の際は、手を濡らすことをお勧めします!1個ずつボールのような形になるように手のひらでコロコロと丸めます。そして、天板の上に置き、軽く上から押して、クッキーの形にします。この時に、もしクッキー生地がポロポロでも大丈夫です。焼いている間にちゃんとくっついてくれます。 *写真では右側のクッキー達が丸めてボールにしてある状態。そして左側が、上から押してクッキーの形にした状態です。 おまけ 週末、お天気がよかったので、五大湖の一つであるオンタリオ湖まで犬のローラを連れてお散歩に行ってきました。 そこでカナダらしいものを見つけたのでご紹介します。 イヌクシャク(inukshuk)という石を積み上げて作った石像です。 昔、北アメリカ先住民が、一面雪で覆われて何も位置感覚がないときなどに、ランドマークのような目印のようにして建てていたそうです。神聖な場所や、狩りや釣りのうまくいく場所にも作られたそうです。 今回見つけたイヌクシャクは、もちろん北アメリカ先住民が作ったものではありませんが、イヌクシャクは見つけても、壊してはいけないのです。せっかくイヌクシャクを見つけたのに、逆光にての撮影・・・。 そして、せっかくなので、クッキーでもイヌクシャクを。壊してはいけないイヌクシャクッキー。いひひ。

ヘルシー・オーツ麦のバナナブレッドのレシピ

ヘルシー・オーツ麦のバナナブレッドのレシピ

「あーバナナがいっぱいあって熟しすぎちゃったー。食べきれないー。」っていうピンチを乗り切ってくれるのがこのバナナブレッドです。できるだけ完熟して茶色くなったバナナを使ってください。甘くてしっと~りしたおいしいバナナブレッドが焼き上がります。焼きたてには、ぜひたっぷりのバターを塗って食べてみてください! このレシピではオーツ麦の粉を使っていますが、もちろん、同量で小麦粉を使ってもおいしーいバナナブレッドになります! 私の場合は、ごく最近気が付いたのですが、小麦粉を大量に食べ過ぎるとまるであの月に一回起こるお腹の痛みみたいにお腹が痛くなるのです。なので、他のもので代用できるときはなるべく小麦粉は使わないようにしています。私の姉も、パンを焼くのが大好きで、数年前、どうやらパンの食べ過ぎで体調をひどく壊したと言っていたような。みなさん、一応小麦粉の食べ過ぎには注意してください!私はピザを2日間続けて食べたあと、腹が痛くなって、治るまで一切小麦粉を食べないように気を付けたものの、それでも丸々1週間下腹部痛に悩まされました。それに、小麦粉をオーツ麦に代えるだけでとても栄養価の高いおやつになるのです。 オーツ麦の栄養価については、こちらの”オーツ麦とそば粉のパンケーキのレシピ”の中に書いてあるので、もし興味があれば覗いてみてください! それから、バナナブレッドの代わりにバナナマフィンにしたい時は、同じオーブン温度175℃(350℉)で、20~23分くらいで、美味しく焼き上がります。 バーミックスはスイス生まれの”本気で使える道具”です。オーツ麦を粉上に砕くのももちろん、潰す、泡立てる、混ぜると1台で多機能です。ヘルシーな食生活への近道となること間違いなしです! リンク

オーツ麦とそば粉のパンケーキのレシピ

オーツ麦とそば粉のパンケーキのレシピ

小麦粉の代わりにオーツ麦を使ったパンケーキです。オーツ麦とは、日本語では エンバク(燕麦)とも呼ばれているそうです。グラノーラに使われているあの原料です。精白された小麦粉とは違って、オーツは全粒穀物なので、とても体によい 穀物として知られており、いろいろな健康効果が 証明されています。 オーツ麦の健康効果 まずオーツ麦は、悪玉コレステロール(LDL)を下げる効果があって、血液をサラサラにしてくれます。また、血糖値の上昇を促すGI値が低いため、食後のインシュリンの分泌を抑える効果もあります。そして、血圧上昇を 抑える効果があり、心臓病の予防にも なるそうです。 まだまだあります。オーツ麦には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の 割合が2:1と、バランスよく豊富に含まれている ので、便通にもよいと されています。 老廃物を排出して肥満予防につながります。オーツ麦に含まれているβグルカン という成分は、免疫力を 高めてくれる 効果もあるということです。キノコは免疫力を高めると聞いたことはあると 思いますが、キノコ類に含まれているあのβグルカンがオーツ麦にもまた たくさん含まれていた のです。また、オーツ麦は全粒穀物なので、ビタミンミネラル、鉄分もタンパク質カルシウムも豊富に含まれています。 すごいでしょう。それではどれだけすごいのか、調べてみました。精白された小麦粉とオーツ麦のそのパワーの差を数字で比べてみましょう。 大盛1カップに対して(250cc) 小麦粉 オーツ麦 カロリー 455cal 533cal カリウム 133.8mg 508.3mg 3.8倍! 食物繊維 3.4g 8.9g 2.6倍! タンパク質 12.9g 20.1g 1.5倍! ビタミンB6 0.1mg 0.2mg 2倍! ビタミンE 0.1mg 1mg …