スーパーフード・ビーツとキヌアのサラダのレシピ

スーパーフード・ビーツとキヌアのサラダのレシピ

スーパーフードのビーツとキヌアを一緒に使った、とっても体によい、真っ赤でかわいい”スーパーフード・ビーツとキヌアのサラダ”の作り方です。生のビーツを使うので、シャキシャキとした歯ごたえと、ほんのり香るビーツの甘みがとってもおいしいヘルシーなサラダです。

ビーツとは

ビーツとは、カブのような見た目の真っ赤な根菜です。江戸時代に日本に伝わり、燃えるように赤いことから、火焔菜(かえんさい)という和名もあるそうです。お砂糖の原料となる甜菜(てんさい)と同じ仲間で、ビーツにもショ糖が含まれているため、甘味のある野菜です。糖度だけを見れば、いちごくらいあるそうです。

ロシアの人達は、真っ赤なビーツのスープ、ボルシチを飲んで、冬の寒さを乗り切る、ときいたことがあったので、私はてっきり、冬が旬の野菜と思い込んでいたのですが、日本国産のものでは、6~7月、11月~12月の年に2回収穫が行われているそうです。

*オリーブオイルをひとまわしを参考にして書きました。

今回は小さいビーツしかなかったので、この写真の7個を使いましたが、大きめのビーツなら3個くらいでちょうどよいと思います。大きいビーツの方が、皮をむいたり、細く削る作業が楽ちんです!

ビーツの健康効果

スーパーフードのビーツは、「奇跡の野菜」「食べる輸血」と言われるほど、栄養がぎっしり詰まっています。マグネシウム、鉄分、カリウム、カルシウムなどが豊富です。

中でも一番注目を集めている成分はNO(一酸化窒素)で、ビーツを食べることによって体内で作られる成分のようです。血行の改善とともに、血管をやわらかくしてくれるみたいです。このことから、持久力アップや疲労回復、基礎代謝を上げることに繋がるようです。そんなことから、アスリートの方たちもビーツに大注目をしているらしいのです。

ビーツのその他の健康効果は以下の通りです。

  • トマトやレタスの2倍のカリウムがあり、むくみ解消、高血圧を防ぐ効果がある。
  • パントテン酸というのが、悪玉コレステロール減らし、善玉コレステロールを増やすので、動脈硬化の予防ができる。
  • 真っ赤な色素はポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があり、老化防止、ガン予防になる。
  • 食物繊維とオリゴ糖が含まれていて、腸内環境を整え、便通の改善につながる。
  • ビーツの甘味成分ベタインが、肝臓に脂肪をつくのを防いで、肝硬変や肝脂肪の予防になる。
*Precious.jpを参考にして書きました。

ビーツを扱う際の注意点

そんなに体にいいビーツですが、注意点があります。それは、ビーツはとっても赤いこと!笑。染色にも使われるほどのビーツなので、その赤はなかなか強力です。チーズグレーターで削るときは、まな板も、手も真っ赤になります。たぶん最初はびっくりすると思うので、気になる方は、調理用手袋をお使いください。私は、あまり気にしないタイプなので、真っ赤な手を見て、むしろ楽しくなります。そこまで神経質にならなくても、洗い物などをしているうちに、赤色は落ちます。

そんな私でも、ビーツを削るときは、普段は着用しないエプロンを必ずつけます。お気を付けくださいませ!

それからもう一つ、ビーツを食べた後は、尿も便も一時的にピンクになりますが、病気のサインではないのでご安心ください!ヒヒヒ。

キヌアを使った他のサラダレシピ

ポットラックキッチンでは、他にもキヌアを使ったサラダのレシピを紹介しています。

パセリサラダ+キヌア=キヌアタブーリのレシピ

こちらにはキヌアの健康効果についても書いてありますので、興味があったら覗いてみてください。

beet and quinoa salad

スーパーフード・ビーツとキヌアのサラダのレシピ

ポットラックキッチン
スーパーフードのビーツとキヌアを一緒に使った、とっても体によい、真っ赤でかわいい"スーパーフード・ビーツとキヌアのサラダ"の作り方です。生のビーツを使うので、シャキシャキとした歯ごたえと、ほんのり香るビーツの甘みがとってもおいしいヘルシーなサラダです。
5 from 1 vote
Prep Time 20 mins
Cook Time 15 mins
キヌアを冷ます時間 30 mins
Total Time 1 hr 5 mins
Course サラダ
Cuisine カナダ料理
Servings 6 人分

Equipment

  • チーズグレーター

Ingredients
  

サラダの具

  • *2/3 カップ キヌア (125cc)
  • 3 ビーツ(大きめ) (500gくらい)
  • 1 にんじん
  • 二つかみ分 パクチー (又はパセリ)

ドレッシング

  • 大さじ 9 エクストラバージンオリーブオイル
  • 大さじ 3 リンゴ酢
  • 大さじ 2 レモン汁
  • 1 カケ ガーリックプレスで潰したにんにく (みじん切りにしてもOK)
  • 小さじ 1
  • 小さじ 1/2 こしょう

Instructions
 

  • 水で洗い流したキヌアをパッケージの表記通りに炊く。炊けたらフォークでほぐして、冷ましておく。
    quinoa
  • ビーツとにんじんの皮をむいて、チーズグレーターの一番大きい穴を使ってビーツとにんじんを細く削る。
  • パクチーを粗くみじん切りにする。
    beet and quinoa salad recipe
  • 器やメイソンジャーに、エキストラバージンオリーブオイル、りんご酢、レモン汁、にんにく、塩、こしょうを合わせて、よく混ぜる。
    dressing recipe
  • 削ったビーツとにんじん、パクチー、冷ましたキヌア、ドレッシングをサラダボールで合わせる。塩加減を調整してできあがり!
    beet and quinoa salad recipe

Notes

*このレシピは日本用の200ccの計量カップを使った場合の表記にしてあります。
250ccの計量カップを使う場合は、
*キヌア 1/2カップ
に変更してください。
Keyword キヌア, サラダ, スーパーフード, ビーツ

2 thoughts on “スーパーフード・ビーツとキヌアのサラダのレシピ”

  • 5 stars
    ビーツ抜きだったけど作りました!
    人参大好きだからたまりませんでした!
    にんじん、キヌア、パクチーで優しい色合い、さっぱりだけどキヌアと絡み合ったドレッシングのおかげで
    まろやかな甘みのサラダ、この夏たくさん食べます!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

星をたくさんくださいな!