夏野菜のカレーごはんのレシピ

夏野菜のカレーごはんのレシピ
どれだけ沢山のせてもすぐに消えてしまう卵。なぜ??

この夏野菜のカレーごはんのレシピは、Hugh Fearnley-Whittingstallさんのレシピ本”River Cottage Veg”のなかのvegereeという一品を元に作っています。

夏野菜とカレー粉とバスマティライスの相性が絶妙な、暑い夏でも食欲をそそる一品です。

このレシピの中の野菜は、ナスとズッキーニを使っていますが、代わりに半分に切った芽キャベツとカリフラワーもよく合います。いろいろな野菜でぜひお試しください。

カレーごはんのバスマティライス

basmati rice

バスマティライスとはインドのお米で”最高級の香り米”とも言われています。見た目は、日本米は短くて丸っこいのに対してバスマティライスは細長く、炊きあがった感じはモチモチした日本米とは違って、パラパラといった感じです。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、インドカレーには欠かせない人気のお米です。

炊き方は米:水の比が、お米のブランドによって1:2だったり1:1.5だったり多少異なります。購入したお米の袋の記載通りに炊いてみてください。どうもバスマティライスは好きじゃないという方は、日本米で代用してください。

curried roasted vegetables with rice

夏野菜のカレーごはんのレシピ

ポットラックキッチン
夏野菜とカレー粉とバスマティ米の相性が絶妙な、暑い夏でも食欲をそそる一品です。
Prep Time 20 mins
Cook Time 40 mins
Total Time 1 hr
Course ごはんもの
Cuisine 南アジア料理
Servings 4 人分

Ingredients
  

  • 2 カップ バスマティライス
  • 3 ナス(中)
  • 3 ズッキーニ(中)
  • 3 カケ にんにく
  • 1 玉ネギ 大
  • 大さじ 1 カレー粉
  • 6 玉子
  • 大さじ 3 オリーブオイル
  • がっつり 塩・こしょう

Instructions
 

  • オーブンの予熱を開始。190度。
  • 野菜を切る。にんにくはスライス、玉ネギはあまり細くしすぎないように縦に切る。ナスは縦に4等分にしたあと、5mmくらいの厚さに切る。ズッキーニは縦半分にしたあと、5mmくらいの厚さに切る。
    curried roasted vegetables with rice recipe
  • オーブンの天板に、切った野菜を平たく並べて、オリーブオイル、カレー粉、塩コショウを全体に馴染ませる。
    curried roasted vegetables with rice recipe
  • 野菜の天板をオーブンに入れる。40分焼く。途中1、2回は野菜をひっくり返す。
    curried roasted vegetables with rice recipe
  • その間に、バスマティライスを袋の表記通りに炊く。*バスマティライスには少しお塩を入れて炊くとおいしいです!
    basmati rice
  • 玉子は半熟くらいのゆで玉子を作っておく。私は、小鍋に玉子をいれ、半分くらいまで水をいれます。蓋はずっとしたまま、沸騰させたら弱火にして、7分で火を止めます。できたらすぐに冷水につける。
    boiled egges
  • 野菜、バスマティ米、ゆで玉子が出来上がったら、バスマティライスと野菜を混ぜて、ゆで玉子は殻を向いて、縦半分に切って、上に並べる。
    curried roasted vegetable with rice recipe
Keyword カレー粉, バスマティライス, 夏野菜

2 thoughts on “夏野菜のカレーごはんのレシピ”

  • このお米は日本人には向かないと思います。
    多分
    タイ米のような感じなんじゃないかしら?

    ポソポソしてませんか?

  • そうです。ポソポソというかパラパラというか。少し香りがついています。「嫌だこれー。」っていう人もいると思います^-^合わなそうだったら、おいしい日本米でもぜひ試してみてください。でも見てくれてありがとうございます!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

星をたくさんくださいな!